エクラシャルムに含まれるグリチルリチン酸ジカリウムについて

MENU

グリチルリチン酸ジカリウムは抗炎症作用などを持つ

エクラシャルムに含まれるグリチルリチン酸ジカリウムとはどんな特徴を持った成分なのか

ニキビの治療薬やニキビケア用の化粧品に良く使用されるのが、グリチルリチン酸ジカリウムという成分です。グリチルリチン酸は、マメ科の植物甘草に含まれる成分です。

 

消炎作用がありますが、水に溶けにくい性質があり、カリウム塩の形にし、水に溶けやすくしたものがグリチルリチン酸ジカリウムです。

 

グリチルリチン酸ジカリウムは、グリチルリチン酸2K、グリチノンK2などとも呼ばれます。

 

甘草は昔から貴重な生薬として珍重され、現在でも、多くの漢方薬などにも配合されています。グリチルリチン酸ジカリウムには、抗炎症作用や抗アレルギー作用があります。

 

化粧品に配合した場合の肌への効果は、できてしまったニキビの炎症を抑える、ニキビを予防する、肌荒れの改善や予防などが期待できます。

 

なぜこのような効果を発揮するのかというと、グリチルリチン酸ジカリウムは、その炭素骨格がステロイドに似ていることからステロイド様の作用をもたらすからです。それゆえにグリチルリチン酸ジカリウムはステロイドと同様の副作用をもたらすリスクもあります。

 

副作用のリスクがある為、グリチルリチン酸ジカリウムはその服用量や化粧品の含有量が薬事法で定められています。ただし、副作用のリスクは服用した場合であり、化粧品で肌に塗布する場合は問題がありません。

 

グリチルリチン酸ジカリウムは、ニキビケア用の化粧品の他、肌の黒ずみケアクリームや育毛剤、シャンプーに配合されています。育毛剤やシャンプーに配合されているのは、抗炎症作用、抗アレルギー作用により、他の有効成分の刺激による肌荒れを防ぐためです。

 

また、殺菌作用により、頭皮の雑菌の繁殖を防ぎ、フケやかゆみを予防する効果もあります。速効性は期待できませんが、緩やかに効果を発揮し、長期間継続して使用することで効果を感じやすくなります。使用しても効果が感じられないという場合は、あせらず使用を続けて様子を見るようにしましょう。